トレンド

【合葬墓】スッキリ放送の「合葬墓」が話題に!!費用などのメリット・デメリットを解説

スッキリで合葬墓の話が取り上げられて話題になっています。

合葬墓とはどういうものなのでしょうか。

合葬墓とは

合葬墓は「がっそうはか」と読み、複数の人の遺骨を同じ土中に埋葬するお墓のことを言います。

他の呼び方で合祀墓(ごうしはか)というのもあり、共に同じものになります。

埋葬地を共有することで、礼拝の対象となる石塔も必然的にひとつのものを共有する形となるのが特徴です。

合葬墓のメリット

まずは合葬墓のメリットを挙げてみます。

  • 継承者や墓守がいない人にとっての供養の場所
    人は自分の死後、必ず遺骨を埋葬する必要があります。そうした時に、供養をしてくれる人がいない場合に合葬にすることが多いようです。死後の供養は寺院にしてもらうことになります。
  • 値段が安い
    個別ではなく、複数人と同じ墓を共有するので、費用を抑えることができます。
  • 埋葬後にお墓参りができる
    共有の礼拝の対象物としての石塔を構えているので、埋葬後にお墓参りすることも可能です。

合葬墓のデメリット

次に、デメリットも確認しておきましょう。

  • 他の人と同じ場所に埋葬されてしまう
    合葬に抵抗感を感じる理由は主にこの理由が該当します。今までの日本の歴史では考えられない手法になりますので、恒例の方は特に違和感を感じるのではないでしょうか。
  • 遺骨の返却ができない
    合葬後に何らかの理由で遺骨を返してもらおうとしても、原則返却はできません。

ツイッター上の声

まとめ

様々な意見がありますが、日本は昔から死後の世界について重要視されていたことで、お墓に関しては強いこだわりがありました。

最近では「死んでまで子供に迷惑をかけたくない」「お墓なんて安いものでいい」といった声が聞こえるようになりつつありますね。

時代とともに死後の考え方が変わってきているようです。

今後どのようになるのでしょうか。