事件・事故

【吹田市拳銃強盗】犯人と思われるの父親から通報!!「息子に似ている」|容疑者は東京都在住30代男性か

2019年6月16日早朝に吹田市の千里山交番付近で発生した「警官刺傷事件」で逃走した犯人と思わしき人物が特定されたとの情報が公開されました。

16日午前5時40分頃、大阪府吹田市千里山霧が丘の吹田署千里山交番の前で、「警察官が血を流して倒れている」と近くの阪急千里山駅の駅員から110番があった。倒れていたのは、交番に勤務する古瀬鈴之佑こせすずのすけ巡査(26)で、刃物で刺されて重傷を負った。古瀬巡査の拳銃が奪われており、府警は強盗殺人未遂事件として捜査。事件前、交番の防犯カメラに映っていた不審な人物の写真を公開し、東京在住の30歳代の男とみて行方を追っている。

発表では、交番には当時、古瀬巡査と上司の警察官2人が勤務。午前5時28分、約800メートル南の阪急関大前駅ホームの公衆電話から空き巣の被害を訴える110番があり、上司2人がバイクで出動した。少し遅れて古瀬巡査が出動しようとした際、襲われたとみられる。古瀬巡査は耐刃防護衣を着用していたが、左胸など複数箇所を刺された。

空き巣の通報は虚偽だったと確認され、府警は襲撃が計画的だった可能性があるとみている。

一方、交番の防犯カメラには事件前の午前4時13分~同5時1分に計8回、周囲をうろつく人物が映っていた。1メートル70~1メートル80で、眼鏡と帽子姿。黒っぽいジャンパーに、長ズボンを身に着けていた。

写真の公開後、東京の30歳代の男の父親から「息子に似ている」と連絡があり、吹田市内のホテルからも「宿泊していた客に酷似している」と通報があった。こうした情報などから、府警は、この男が防犯カメラの人物とほぼ特定した。

奪われた拳銃は、回転式で実弾5発が装填そうてんされていた。通常は伸縮型のひもで警官のベルトにつながれているが、拳銃本体とひもを固定する金具が外されていたという。

警察庁は3月から、携帯する警察官以外から取り出しにくい新型拳銃入れ(ホルスター)の導入を始めていた。府警での配備は5月からで、古瀬巡査にはまだ渡っていなかった。

府警は、不審人物の情報があれば110番するよう呼びかけている。

出典:読売新聞オンライン

父親からの通報

警察に1つの電話が入りました。

「自分の息子に似ている」

電話主は犯人と思われる人物の父親からでした。

警察はこの情報を元に捜査を進め、容疑者との見方を強めています。

世間の反応


https://twitter.com/miumi_wind/status/1140223306949259264