事件・事故

【fecebook特定】石原禄朗22歳がランクルの外側に捕まって走行し壁に衝突し死亡(愛知県豊田市)

2019年5月19日午後11時半ごろ、愛知県豊田市の国道で、乗用車の走行中に助手席の側の外についているステップに足をかけて乗っていた石原禄朗さん(22)が転落して死亡しました。

あまりに破天荒な車の乗り方と死因でネット上がざわついています。

19日夜、愛知県豊田市で四輪駆動車の外側のステップに足をかけて乗っていた男性が車から落ちて死亡しました。

警察によりますと、19日午後11時40分ごろ、豊田市九久平町河原畑で四輪駆動車がカーブを曲がり切れずに道路の防護壁に衝突しました。

この事故で、豊田市の会社員・石原禄朗さん(22)が車から振り落とされ、病院に運ばれましたが、体を強く打っており死亡しました。

石原さんは助手席側の外にあるステップに足を乗せ、車の屋根に手をかけた状態で車に乗っており、衝突のはずみで落ちたとみられています。

                            出典: 中京テレビNEWS

石原禄朗さんについて

名前 石原 禄郎さん
年齢 22歳
住所 愛知県豊田市
職業 会社員

運転していたのは石原さんの友人である23歳方で、石原さんは助手席に乗っていました。

転落の原因は石原さんの意味不明な乗り方と、運転していた車が壁に接触した際の衝撃とみられています。

車種はトヨタのランドクルーザーだそうです。

石原さんと思われるFacebookアカウントを発見しました。

特に更新はされていないようです。

 

ツイッター上の声

まとめ

自業自得で起きた事件のように思います。

運転したいた人も助手席に乗っていた人もどちらも非常識で危険極まりない行動により起きた悲しい事故です。

年齢も若く、若気の至りだったのかもしれませんが、それだけでは済まない事故になってしまいました。

運転手の方は今後どのようになるのでしょうか。