事件・事故

【岩崎隆一】川崎無差別殺人の犯人顔写真を公開!!容疑者は30年の引きこもり生活だった

28日、川崎市でスクールバスを待っていた小学生らが次々と包丁で刺され2人が死亡、17人がけがをした事件で、警察は殺人の疑いで、犯行後に自殺した51歳の男の川崎市内の自宅の捜索を始めました。関係する資料などを押収して、動機の解明を進めることにしています。

28日午前8時前、川崎市多摩区の路上でスクールバスを待っていた小学生17人と大人2人の合わせて19人が包丁で刺されるなどして、いずれも都内に住む小学6年生の栗林華子さん(11)と、外務省職員の小山智史さん(39)が死亡しました。
また、ほかの17人も重軽傷を負いました。

警察によりますと、事件を起こしたのは川崎市麻生区に住む岩崎隆一容疑者(51)で、小学生たちを刺したあとみずから首を刺して自殺しました。

この事件で、警察は午前10時ごろ、殺人の疑いで岩崎容疑者の自宅の捜索を始めました。

これまでの調べによりますと、岩崎容疑者はわずか10数秒の間に70メートルほど移動しながら次々と小学生らを襲ったということです。

警察は28日の捜索で関係する資料などを押収し、動機の解明を進めることにしています。

出典:NHK NEWS WEB

岩崎隆一容疑者の顔写真

岩崎容疑者の中学生時代の顔写真が公開されました。

この頃にはすでに歪んだ性格が表れており、「学校内で暴れ出す」「同級生を鉛筆でさす」などの行動をとっています。

事件当時の岩崎容疑者

通り魔事件を起こした時の岩崎容疑者の容姿が判明しました。

服装:黒のTシャツ 黒のジーンズ

髪型:スキンヘッド

体型:がっちり

年齢:51歳

容疑者は生徒らを刺した後、自らの首を切り、路上に倒れているところを発見されました。

世間の反応