事件・事故

【100万回殺害予告】あの唐澤貴洋弁護士がNHK逆転人生に出演!|ハセカラ騒動の詳細を公開

あの炎上弁護士・唐澤貴洋弁護士が、NHKの逆転人生に登場するとのことです。

唐澤弁護士は「ハセカラ騒動」で大炎上し、ネットを中心に時の人となりました。

ネット上で誹謗(ひぼう)中傷が殺到し収拾のつかなくなる『炎上』。ネット史に名を残す最大級の炎上に直面したのが、弁護士の唐澤貴洋さん(41)。ネット上で受けた殺害予告はのべ100万回以上。あのジャスティン・ビーバーに次ぐ“世界2位”の数だ。

出典:逆転人生 – NHK

ハセカラ騒動とは

唐澤弁護士が有名となったハセカラ騒動を確認しておきましょう。

H君誹謗中傷を弁護

2ちゃんねるの「なんでも実況J板」、通称なんJに、「八神太一」と名乗るユーザーがいました。

この八神太一とは偽名であり、H君のことを指します。

八神太一は長年にわたり、何J掲示板で誹謗中傷や犯罪自慢などの悪質な発言を繰り返し、一部ユーザーの中で有名になり大変嫌わレル存在となっていました。

ある日、掲示板上で他のユーザーに煽られた彼は、その煽りに対する反発から自分の合格した大学の合格証を掲示板上に公開してしまいました。

これの行為に対し、八神太一を嫌っていた人たちが次々に身元の特定にに乗り出し、八神太一の本名や身元を特定してしまうという事態になりました。

初めは事態を軽く見ており、「有名人になった」と、事態を楽しむような発言をしていた八神太一ですが、過去にあまりな発言を繰り返していたため、特定されることの恐ろしさに気づいた八神太一は自分の個人情報を書かないでくれと、掲示板ユーザーにお願いをするのです。

しかし、これまでに様々な迷惑行為を行ってきた八神太一に対して、この願いを聞くユーザーは少なく、それからも多くの情報が公開されていきます。

もう自分の力では無理だと思った八神太一はある行動に出ます。

そう、弁護士をつけたのです。

ここで登場するのが唐澤弁護士でした。

※以下から八神太一のことをH君と表現します。

これで事態は治るかと思いきや、さらなる発展を遂げるのでした・・・

今後、H君の本名と唐澤氏の一部の名前から、この騒動は「ハセカラ騒動」と呼ばれるようになります。

無能弁護士・唐澤弁護士

弁護士の登場にネット内ではざわつきが起こります。

「ネットの誹謗中傷対策に詳しい」と称する唐澤貴洋弁護士の出現により、H君の個人情報を特定し公開していたユーザーは今後の対応に怯えることになります。

弁護士を使用したことに対してH君への反感が高まりましたが、この時点で唐澤弁護士は炎上とは関係のないところにいます。

むしろ、「H君のような自業自得で炎上した人間の弁護をする唐澤先弁護士が可哀想」、「こんな事件でもしっかりと仕事に取り組むのはさすがだ」という意見が多く聞かれていました。
誰もがこのまま騒動は終息するものだと思っていましたが、ここからが騒動の本番となります。

初めは好印象の唐澤弁護士でしたが、過去の職務上の不手際や、非常識な言動がネットユーザーに次々発見されてしまい、弁護士としての能力、そして人間性にまで疑問符がつくようになります。

そのうえ、本騒動の対応でも唐澤弁護士のとった法的措置「IP開示請求」にはほとんど意味がなく、ただのおどしにすぎない行動、という見解がユーザー間で多数を占めるようになります。

こうして、掲示板ではH君だけでなく、唐澤弁護士を「無能弁護士」などと小馬鹿にする書き込みが目立つようになるのです。

火に油注ぐ唐澤弁護士の行動

この時点ではまだネット上で小馬鹿にされている弁護士というぐらいでした。

今回の騒動がネット事件ということもあり、弁護士に対して飛び火してくることは可能性としては十分考えられるものです。

しかし、唐澤氏は自身のプライドを大いに傷つけたと感じ、匿名の掲示板ユーザーからの悪口や批判に対して過剰反応してしまうのです。
唐澤弁護士がとった行動で有名なのが、唐澤弁護士を話題にした書き込み239件に対して法的措置(IP開示請求)を取ったことです

法的措置を取った書き込みの中には「うんこたれ弁護士」など小学生レベルの悪口や、「唐澤貴洋さんを犯罪者呼ばわりするのはやめようよ」といった唐澤弁護士を擁護する内容に対してまで行われていました。

この行動が騒動に油を注ぐことになります。

唐澤弁護士の取った無差別開示は、掲示板ユーザーの心証を一気に悪化させ、ネットユーザー全てを敵に回してしまったのです。

その後も、唐澤弁護士は自身のTwitterでポエムを披露したりFacebookで演説を始めたり、奇怪な行動をちょくちょく取るようになります。

この行動を見た掲示板ユーザーは面白がって掲示板に投稿したり、ふざけて真似をしたりします。

こうして、唐澤弁護士を茶化せば茶化すほど、次に次に過剰反応して面白いことが起こるから「唐澤貴洋弁護士をもっと馬鹿にして、もっと反応を見たい」という雰囲気になってきます。

その後、唐澤弁護士に対しての嫌がらせや挑発はエスカレートし続け、炎上に向かっていきます。

ひどいものだと、唐澤弁護士への殺害予告まで出るようになってしまいました。

こうした流れの中、唐澤弁護士のルーツや弁護士としての活動実績についても細かく捜査、研究するユーザーが現れだします。

捜査・研究が進むにつれ、唐澤弁護士は「上流階級の人間で世間知らずなお坊ちゃま」だと結論づけられ、業務上の中で様々な不手際が見つかったことで「悪徳弁護士」のレッテルを貼られてしまうことになります。

この間のH君H君ですが、特定されて以降は八神太一を名乗って掲示板に書き込むことはなくなり、今まで更新していたブログやツイッターの更新もストップしています。

初めは炎上を鎮めようと思い唐澤弁護士に事態の終息を依頼したH君ですが、唐澤弁護士までもが炎上してしまったせいで、この騒動は結果的に長期化してしまいました。

このことから、唐澤弁護士のせいで騒動に油を注ぎ、炎上規模が拡大し、長期化してしまったのではとの見方もあります。

ハセカラ騒動は終わらない

炎上騒動の長期化によって、唐澤弁護士の名前は掲示板だけでなく、ツイッターなどのSNSにも広がっていくことになります。

その結果、これまでよりも多くの人の関心を浴びるようになってしまい、さらに次々と新しい茶化しや挑発が行われるようになります。

こうした唐澤弁護士に対する嫌がらせ行為、さらにはH君に対しての嫌がらせ行為はネットコンテンツの遊びの一種と受け止められてしまい、多くの問題が発生します。

・唐澤貴洋弁護士を崇拝する新興宗教(恒心教)が成立される
・唐澤貴洋やH君を茶化す歌が多数作曲される
・唐澤貴洋やH君の下品なCGアニメが作らる
・唐澤貴洋をモチーフにしたシールが街中いたるところに貼り付けられる
・唐澤貴洋の法律事務所を勝手に宣伝する10円硬貨が流通
・唐澤貴洋と同僚や父親との倒錯的な官能小説が多数投稿
・唐澤貴洋を名乗る者により数十のウェブサイトがハッキングされる
・H君の実家の玄関マットや置物が盗難される
・H君が凶悪事件の犯人であるというデマが拡散
・H君や唐澤貴洋の誕生日にそれを記念する競馬の協賛レースが行われる
・H君の父親の自動車が汚損されGPSを取り付けられる
・H君や唐澤貴洋になりすまして年賀状が送られる
・爆破予告のメールが公的機関に送りつけられる

このようにネットから始まった炎上は多くの人間を巻き込みながら、社会問題へと発展してしまいました。

多くのメディアからも取り上げられることになり、唐澤弁護士の名前は全国区となってしまいます。

ちなみに唐澤弁護士が受けた殺害予告は100万回を超え、あの「ジャスティンビーバー」に次ぐ世界2位となっています。