事件・事故

加藤紘貴の顔特定!! 山形 女医殺人事件犯人の行動ヤバい!!画像で犯人をチェック

山形県東根市のマンションで女性の医師が殺害された事件で、犯人として逮捕された「加藤紘貴」容疑者の顔が判明しました。

山形県東根市のマンションで女性の医師が殺害された事件で、警察は山形大学の学生の男を殺人などの疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは山形大学の学生で山形市東原町に住む加藤紘貴容疑者(23)です。

警察によりますと、先月19日の早朝、山形県東根市のマンションで、隣の村山市にある眼科クリニックの院長で医師の矢口智恵美さん(50)の部屋に侵入し、頭などを繰り返し殴って殺害したとして、殺人と住居侵入の疑いが持たれています。

矢口さんは頭の骨が陥没するほど激しく殴られ、部屋からは凶器とみられる血の付いたパターも見つかっていて、警察は強い殺意があったとみて捜査してきました。

その結果、付近の防犯カメラの映像などから加藤容疑者が事件に関わった疑いがあるとして12日朝から任意で取り調べを行い、逮捕しました。

警察は捜査に支障があるとして、容疑を認めているかどうかを明らかにしていません。

警察は、2人に接点があったかどうかや事件のいきさつなどを詳しく調べることにしています。

事件現場と発覚の経緯
矢口さんが住んでいたマンションは6階建てで、山形県東根市にあるJRの「さくらんぼ東根駅」から東に300m余り離れた街の中心部にあります。

付近には東根市役所のほか、ホテルや学校、ショッピングモール、ホームセンターなどが建ち並んでいます。

矢口さんが院長をしていたクリニックによりますと、矢口さんはただ1人の常勤の医師で、先月18日の午後5時ごろまで診察をしたあと、山形市内で開かれた新人スタッフの歓迎会に出席しました。

歓迎会は午後9時半ごろに終了し、その後、スタッフの1人が車で矢口さんを自宅まで送り届けたということです。

その後、午後10時40分すぎに矢口さんからスタッフに「車内に携帯電話を置き忘れていないか」と電話で問い合わせがあり、見つけたスタッフが届けようとしたところ、「月曜日に持ってきてほしい」と頼まれたということです。

19日、矢口さんは弟と自宅で会う約束をしていて、午後5時40分すぎに部屋を訪ねてきた弟が死亡している矢口さんを見つけ、警察に通報しました。
被害者知る人「思いやりあるお医者さん」
警察やクリニックなどによりますと、矢口さんは東京出身で、日本医科大学を卒業したあと山形県東根市にある北村山公立病院などで勤務しました。

平成19年に東根市の隣にある村山市で眼科のクリニックを開業し、患者からも信頼されてきました。

家族がクリニックに通っているという80代の男性は「人柄のよい先生です。みんなに好かれるようなタイプでハキハキとしていました。なぜこのような事件が起きたのか残念です」と話していました。

矢口さんが以前勤務していた北村山公立病院の同僚で、長年、夫婦でつきあいがあったという80代の男性は「腕は確かで手つきも丁寧な方でした。先生を失ったことは、村山市にとって非常に大きな事態だと思います」と話していました。

この男性の妻で矢口さんのクリニックで治療を受けていた70代の女性は「歩けない患者さんがいると手を引いて、車いすも押してあげるなどすばらしい人でした。笑顔を絶やさず患者といつも向き合ってくれて、クリニックの周りには、通りかかった人が元気になれるようにと、一人でチューリップを植えていました。地域への思い入れも強く、こんなにも思いやりのあるお医者さんはほかにいません」と話していました。

また、社交的な人柄でも知られ、趣味のゴルフではさまざまな業界の人とコンペなどに参加し、交流を深めていました。

数年前からのゴルフ仲間だという会社員の男性は「よい意味で医師らしくない、気さくでかわいらしい人柄のかたでした。トラブルなどの話も聞いたことがありません」と話していました。

出典:NHK NEWS

加藤紘貴容疑者について

名前 加藤 紘貴
年齢 23歳
住所 山形県山形市東原町1丁目
職業 大学生
大学 山形大学
学部 人文社会科学部4年
容疑 殺人及び住居侵入

ツイッター上の反応