芸能

【空母のいぶき】佐藤浩市の発言に百田尚樹が激怒し炎上!音大の潰瘍性大腸炎とは?

構成作家である百田尚樹氏(63)が俳優の佐藤浩市に対して激怒しています。

そしてその発言を機に、佐藤浩市さん、百田尚樹さん共に炎上しています。

その発言というのがこちら↓

構成作家の百田尚樹氏(63)が12日、ツイッターを更新し、俳優の佐藤浩市(58)に言及した。

一部漫画雑誌に24日公開の映画「空母いぶき」で首相役を務める佐藤のインタビューが掲載された。

その中で、佐藤は「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」と発言し、首相役を虚弱体質に変更したとされる。

安倍晋三首相(64)が難病の潰瘍性大腸炎に苦しんだことを想起させる内容となった。

これに対し、百田氏は「三流役者が、えらそうに!! 何がぼくらの世代では、だ。人殺しの役も、変態の役も、見事に演じるのが役者だろうが!」と大激怒。

「私は自分の作品の映画化に関して、キャスティングに口出ししたことは一度もない。しかし、もし今後、私の小説が映画化されることがあれば、佐藤浩市だけはNGを出させてもらう」と、絶縁宣言を叩き付けた。

「佐藤浩市の『下痢する首相にしてもらった』というインタビュー記事が、大炎上してる。おそらく明日あたり制作会社がコメントするだろうな」と騒動の広がりを当然と受け止め、怒りが収まらない様子だった。

百田氏は大ヒット映画「永遠の0」の原作者などで知られる。

出典:東スポweb

なぜこのような炎上する事態になってしまったのでしょうか。

佐藤浩市さんの発言

きっかけは佐藤浩市さんの発言でした。

佐藤さんは「空母いぶき」で首相役を務めることになっています。

そして俳優としてのインタビューでこのような発言をしてしまいました。

「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」

この発言に加え、演じる首相のキャラクターを虚弱体質という設定に改変してしまったのです。

また、この改変は安倍晋三首相が難病である潰瘍性大腸炎に苦しんだことを想起させる内容となり、自体はさらに悪化することとなりました。

百田氏の反応

この佐藤さんの発言、そしてキャラクターの設定改変に対して百田さんは激怒します。

「三流役者が、えらそうに!! 何がぼくらの世代では、だ。人殺しの役も、変態の役も、見事に演じるのが役者だろうが!」「もし今後、私の小説が映画化されることがあれば、佐藤浩市だけはNGを出させてもらう」

と完全に佐藤さんに対してNGというワードを使用して絶縁宣言を行なっています。

このように公の場で俳優に対してNG宣言をすることは非常に珍しい例と言えます。

ツイッター上の反応

 

潰瘍性大腸炎とは

炎上している1つの理由として、潰瘍性大腸炎を連想させる発言、キャラクター作りが理由となっています。

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜に潰瘍やびらんなどの慢性的な炎症が原因となって起こる病気のことを言います。

炎症性腸疾患の代表的疾患として知られています。

安倍晋三首相がこの潰瘍性大腸炎に苦しんだことで一時期話題になった病気です。

症状としては、下痢や血が混じった粘り気のある血便が主な症状となります。

重度化すると十分な栄養吸収が困難となったり、出血が原因で貧血になるなどの症状が現れます。

まとめ

今回の佐藤さんの発言は少し軽率だったように思います。

やはり俳優というのは与えられた役をこなすことができる人が一流というイメージです。

そして佐藤さんは間違いなく一流の俳優だと思っています。

ですので、このような発言があったことはファンとしては残念に感じる面が大きいでしょう。

また、病気に関しての意見も多く、この炎上問題は予想とは別ベクトルで炎上しているようにも感じます。

今後双方がどのような対応、発言をする中が気になりますね。