化学

【ホリエモンロケット】民間開発ロケットMOMO3号機が宇宙空間到達に成功!

2019年5月4日午前5時45分頃、北海道の宇宙ベンチャーである「インターステラテクノロジズ」が、小型ロケットMOMO(モモ)の宇宙空間への打ち上げを成功させました。


宇宙空間に到達したとみなされるためには100キロ以上の高度が必要であり、この宇宙空間に民間が手動で開発したロケットが到達するのは日本初の快挙です。

同社の発表によると、MOMOは発射後5分で高度約110キロに到達したとのことです。

そして約10分後にその役目を果たし、太平洋に落下しています。

3回目の打ち上げで成功

同社がロケットを打ち上げるのは今回のMOMO3号機が3回目。

1回目のMOMO1号機は2017年7月に打ち上げられました。

しかし結果は破損による失敗と終わってしまいます。

そして2回目は2018年の6月、約1年後の再挑戦となったMOMO2号機。

発射の様子はテレビでも生中継されていましたが、結果は打ち上げ直後に落下するという衝撃的な映像が流れました。

そして今回MOMO3号機での挑戦が三度目の正直となり、打ち上げを成功させました。

実は今回の打ち上げ成功の裏にも様々なアクシデントがあったのです。

二度の打ち上げ延長

実は今回の打ち上げは二度の打ち上げ延長がありました。

最初の打ち上げ予定日は4月30日。

本来ならこの日に打ち上げの予定だったのですが、打ち上げ前の確認で配管の弁に異物の混入が発見されました。

この異物が打ち上げの障害になると判断され、一度目の延期となります。

そして二度目の打ち上げ延期は5月2日のことでした。

この日は機体に問題はなかったのですが、強風が吹いており、打ち上げ困難と判断されての延期となりました。

そして三度目の打ち上げ日となった5月4日、ついに念願の宇宙空間到達を達成することになったのです。

ホリエモン「宇宙は遠かった」

MOMOは別名ホリエモンロケットとも呼ばれたことで話題となっています。

これはMOMO開発のインターステラテクノロジズ社にホリエモンこと堀江貴文さんが出資をしていることから名付けられました。

堀江さんはツイッターに「宇宙は遠かったけど、なんとか到達しました。高度約113km」と投稿しています。

今後のロケット業界について

初めて民間開発ロケットが、宇宙空間に到達したことで、今後もMOMOに続く民間ロケットが開発されることが予想されます。

ロケットの開発において1番問題になるのが資金です。

今回のMOMOは堀江さんが出資ということもあり、二度の失敗がありながらも、そこから立て直す資金があったからこその成功です。

今後も民間企業に出資する大物有名人や資産家の方が出てくることが予想されますので、今後の民間でのロケットというのがトレンドになってくるかもしれませんね。