事件・事故

【現場画像】カリタス小学校児童など15人刺された犯行現場が衝撃!!3人心肺停止 犯人は自殺を図る 川崎室戸通り魔事件

2019年5月28日午前7時46分ごろ、神奈川県川崎市登戸にある登戸第一公園で「人が男に刺された」と通報があり、子ども8人(小学生含む)と大人7人の合計15人が負傷し手当てを受けています。

15人の負傷者のうち、大人2人と小学生の子供1人が心肺停止だとのことです、

犯人は警察により身柄を確保されています。

犯人とみられる男は、重度の怪我を負っている状態で確保されたようです。

現場には凶器とみられる2本の包丁が落ちており、警察が調査を進めています。

けが人少なくとも15人 多くは子供

川崎市消防局によりますと、7時45分ごろに「川崎市多摩区登戸新町の路上で小学生4人以上が刺されている」と通報が入りました。

救急隊員が現場に駆けつけた際には、少なくとも15人のけが人が確認され、トリージア(けがの程度に応じて優先順位を判断する)を行いながら、順次病院へ搬送されています。

けが人の多くが小学生ということが確認されています。

聖マリアンナ医科大学病院 詳しい容体不明

川崎市宮前区にある「聖マリアンナ医科大学病院」には複数人のけが人が運ばれています。
聖マリアンナ医科大学病院の話では、まだ詳しい容体等は公表されていません。

現場の様子「ランドセルなど散乱」

目撃者の情報によりますと、「朝、消防車のすごい音がして現場近くに行くと血だらけで男性が倒れていた。
近くの小学校のバス停があり、小学生が倒れていたほかランドセルなどが散乱していた。
小学校のバス停から20mほど離れた市バスのバス停にも男性が血だらけで倒れていた。
ふだんは平穏な場所なのでこんなことが起きて怖いです」と話をされていました。

カリタス小学校の児童の送迎バスの集合場所だった

被害にあった小学生は。現場から1キロほど離れた川崎市多摩区の「カリタス小学校」の小学生とみられています。

小学校の話では、事件現場の公演は「児童バスの送迎場所」になっていたとの情報があり、事件発生時間は小学生の登校時間だったことがわかりました。

目撃者女性「ふだんから子どもが遊ぶ場所」

事件現場の近くに住む60代の女性は「午前8時ごろにサイレンが鳴っていたので何があったのだろうと思っていました。
午前7時40分ごろに公園の近くに段ボールを出しに行った時には、公園では特に異変はなかったので驚きました。
公園はふだんから子どもがよく遊んでいる場所でした」
と話されています。
子供がいることを狙っての犯行ではないかと思われます。

犯人は自殺を図る

犯人とみられる男は40代〜50代で、確保された時には、自らが持ってきた包丁で自殺を測ろうとしていました。

現在は治療のため病院に運ばれています。

詳しい容体、搬送先の病院はまだ判明していません。

現場の様子


https://twitter.com/kiyopu_19760503/status/1133144405450285056
https://twitter.com/yorunofumi/status/1133170786582159360