事件・事故

犯人を特定か!?千里山交番「警察官刺傷事件」犯人の特徴を画像付きまとめ

2019年6月16日に大阪府吹田市千里山霧が丘の千里山交番付近で発生した「警察官刺傷事件」

犯人とみられる人物は警察官を刺した後、銃を奪い今もなお逃走を続けています。

犯人の特徴と現場の様子をまとめました。

16日午前5時40分ごろ、大阪府吹田市千里山霧が丘の「千里山交番」の敷地内で、警察官が血を流して倒れていると110番があった。警察官は複数箇所を刺されて重傷。府警によると、警察官が所持していた実弾入りの拳銃がなくなっている。容疑者は男で逃走しており、府警は強盗殺人未遂事件として行方を追っている。

刺されたのは吹田署地域課の男性巡査(26)。左胸に包丁が刺さった状態で見つかった。腰のベルトと拳銃をつなぐひもが切断されていたという。

逃げた男は30歳ぐらいで身長170〜180センチ。長袖のジャンパーにズボン姿だった。

現場は阪急千里線千里山駅前。

出典:福井新聞

犯人の特徴

年齢 30歳前後
身長 170cm〜180cm
服装 深緑色のジャンパー

現在はこの3つの情報が公開されています。

また、犯人は警察官を刺した刃物は胸に突き刺したまま、警察官から奪った銃を持って逃走しています。

警察はヘリコプターを出動させるなどして犯人を追っていますが、今のところ手がかりはつかめていません。

大阪府警は吹田市を中心に外出を控えるよう警告を出しています。

ツイッター上の反応


https://twitter.com/uptetbie/status/1140043067644207104