事件・事故

泉水卓容疑者の供述がやばい 市原市五井梨ノ木公園にプリウスが突っ込み保育士が園児をかばい怪我!顔写真や事故の様子

また車の事故が起きました。

2019年5月15日午前10時半頃に、千葉県市原市五井の梨ノ木公園にプリウスが突っ込み、園児をかばった保育士が負傷する事故が発生しました。

この事故で車を運転していた、泉水卓容疑者が逮捕されました。

どのようにして事故が起きたのか調査しました。

15日午前10時半前、千葉県市原市五井中央西の梨ノ木公園の砂場で近くの保育園の園児5人と保育士の女性2人が遊んでいたところ、乗用車が突っ込みました。

この際、30代の保育士の女性が園児をかばおうとしたとみられ、車と接触し右足の骨を折る大けがをしました。
園児にけがはなかったということです。

車は近くのコインパーキングから急発進して公園に突っ込んだとみられ、警察は乗用車を運転していた市原市の泉水卓容疑者(65)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

調べに対し容疑を認め、「突然、車両が急発進して向かい側の公園に突っ込んだ」と供述しているということです。警察が事故の原因を調べています。

【近くで働く男性「あわやというところ」】

近くの店舗で働いている40代の男性は「どかんという音がしたので見に行くと、砂場に乗用車が乗り上げていた。すぐそばに園児がいて、あわやというところだった。中には泣いている子もいた。身近でこんな事故が起きて驚いた」と話していました。

出典:NHK WEB NEWS

事故発生現場

事故が発生したのは千葉県市原市の梨ノ木公園。

https://goo.gl/maps/iZji4pBHTHqWJShh6

驚くほどがっつり車が突っ込んでいるのがわかりますね。

事故現場には保育士2人と園児5人がいたことが確認されており、園児をかばった保育士が車と接触したようです。

泉水卓容疑者について

車を運転していた泉水卓容疑者についてまとめました。

名前 泉水卓
年齢 65歳
住所 千葉県市川市
職業 自傷無職
容疑 過失運転致傷

容疑者の供述により、泉水卓容疑者なの行動が判明しました。

容疑者は「ナビパーク五井第2」というコインパーキングを利用しており、コインパーキングを出ようとした際に、「車が急発進した」と話しています。

容疑者の供述ではアクセルは踏んだ覚えがないとのことです。

顔写真は公開されていませんでした。

まとめ

またしても車の事故が発生してしまいました。

今回は保育士の方が園児を庇う形で負傷しています。

園児に怪我がないのは何よりですが、保育士の方の容体が気になるところです。

とっさの判断で園児を守ることができたのは素晴らしいことだと思います。

そして容疑者ですが、車が勝手に発進したと一部容疑を否認しているようです。

車が勝手に走り出すなど普通ならかんがえれないことですし、故意ではないにしろ何らかの形でアクセルを踏んでいたのだと思われます。

いい歳をした大人が「勝手に車が発進した」と言い逃れしようとしているのが何とも腹立たしいですね。