事件・事故

【飲酒 瀬戸山怜志】豊田市 壁に激突し車体側面に乗っていた石原禄郎さん死亡 顔画像は?

本サイトでもお伝えした、豊田市で車の側面に乗っていて転落、死亡した「石原禄朗」さんですが、車を運転していた瀬戸山怜志(23)が飲酒運転だったことがわかりました。

事故詳細はこちらから↓

【fecebook特定】石原禄朗22歳がランクルの外側に捕まって走行し壁に衝突し死亡(愛知県豊田市)2019年5月19日午後11時半ごろ、愛知県豊田市の国道で、乗用車の走行中に助手席の側の外についているステップに足をかけて乗っていた石原...

 19日夜、愛知県豊田市で、走る車の側面外側に掴まって乗っていた22歳の男性が、車が壁にぶつかった際に落下して死亡しました。

19日午後11時半過ぎ、愛知県豊田市九久平町の国道で、四輪駆動の乗用車が道路の防護壁に衝突しました。

この事故で、助手席側の側面外に付いたステップに足をかけ、ルーフレールに掴まって乗っていた豊田市の会社員・石原禄郎さん(22)が車から落下し、病院へ運ばれましたが、間もなく死亡しました。

警察は、車を運転していた友人の男性(23)から当時の状況を詳しく聞くなどして事故の原因を調べています。

出典:FNN PRIME

瀬戸山怜志は飲酒運転だった

今回の転落事故は死亡した石原さんの危険な事故と瀬戸山さんの飲酒運転が原因でした。

新しい供述ではビールを大ジョッキで3〜4杯飲んだと供述しています。

車も大破していたことから、かなりのスピードを出していたのではないかと思います。

容疑が危険運転致死での操作となっていますので、

この容疑だと、瀬戸山容疑者が助手席から転落した石原さんを殺害したということになりそうです。

ツイッター上の声


https://twitter.com/nakagawaBASE/status/1130409054281510912

まとめ

どちらも自業自得のような事件ですが、この事実を家族の方はどう思うのでしょうか。

家族だけでなく、会社にも大きく影響をオボよすことも考えられます。

ただ、他に巻き込まれる人がいなくてよかったです。