事件・事故

【火事画像】タカヤナギ イーストモールで車が大炎上!!衝撃画像を公開|秋田県大仙市

2019年6月9日、秋田県大仙市にある「タカヤナギ イーストモール」で突然車が炎上する騒ぎが起きました。

その衝撃的な炎上の仕方がツイッター上で話題になっています。

炎上する車

タカヤナギ イーストモールの駐車場に駐車してある車が燃え上がりました。
https://twitter.com/tak2731/status/1137681470795812864

火災発生場所

火災は秋田県大仙市戸蒔錨77−1のタカヤナギ イーストモールで発生しました。

この事故による負傷者はいなかったようです。

車が燃えた原因については現在公表されていません。

わかり次第、本記事で更新していきます。

タカヤナギ イーストモールとは

1910年、高柳政治(正確には旧字の栁を使う。初代。徳治の父。恭侑の祖父)が大曲町の米町(現:大仙市大曲上大町)で創業した菓子卸業を淵源とし[広報 1]、1948年株式会社高柳商店に改組する。1961年高柳商店を株式会社タカヤナギと商号変更。食品小売部門を分社化し株式会社タカヤナギストアーを設立した。1980年にはタカヤナギとタカヤナギストアーを合併[広報 1]。新社である株式会社タカヤナギが発足する。その後発祥である県南から更なる発展を遂げるべく、県都秋田市に進出。1997年に開設したグランマート泉店開店を皮切りに同市内においても多店舗展開を図った[広報 1]

景気低迷による先行き不透明感や、イオングループによるイオン大曲ショッピングセンター(イオン大曲SC)並びにマックスバリュ東北が大仙周辺に出店を開始するなど年々競合が激化する状況を背景に、2009年3月、同じCGCグループに加盟する秋田県北を地盤とする伊徳ホールディングス(本社:大館市)とベルプラス(本社:盛岡市)が予定していた持株会社による経営統合計画にスーパーマーケットマルイチ(本社:盛岡市)と共に参画を表明。経営統合を前提とした4社間での業務提携を締結した

しかし2010年5月21日、4社統合を断念。ユナイト活動の継続としてタカヤナギと伊徳HD間のみで経営統合をする方針を明らかとした。そして2011年4月、翌12年秋ごろを目処にした持株会社形式による経営統合を表明した[5][6]。これに基づき2012年4月2日付で、持株会社・ユナイトホールディングスを設立。同年4月16日には伊徳HDとともに株式交換により、ユナイトHDの完全子会社とされた。同HD会長にはタカヤナギの高柳恭侑が就任した。

タカヤナギは、スーパーマーケットを運営するほか、本社所在地の大仙市には同社の旗艦店舗として百貨店方式の売場・商品構成を取り入れたショッピングモール『イーストモール』を展開する。

出典:wikipedia