未分類

東北道 盛岡ICのETC専用レーンで追突事故 78歳高齢ドライバーが82歳女性を死亡させる 1人死亡5人重軽傷

2019年5月20日、東北自動車道の盛岡インターチェンジで78歳の高齢男性が運転する車が前の車に追突する事故が発生しました。

この事故で少なくとも1人が死亡、5人が重軽傷を負っています。

東北自動車道の盛岡インターチェンジのETC専用レーンで19日、78歳の男性が運転する車が前の車に追突して1人が死亡し、5人が重軽傷を負いました。

事故があったのは東北自動車道の盛岡インターチェンジで、警察によりますと、19日午後3時15分ごろ、ETCの専用レーンから出ようとしていた乗用車に別の乗用車が追突しました。

この事故で、追突された車の後ろの座席にいた盛岡市に住む箱崎富子さん(81)が頭を強く打ち、病院で手当てを受けていましたが、20日朝死亡しました。

このほか、双方の車の70代から80代の男女合わせて5人が重軽傷を負いました。

調べによりますと、追突した車を運転していたのは78歳の男性で、追突された車はETCの専用レーンを時速20キロ以下で走行していたと見られるということです。

警察は男性が前をよく見ずにレーンに進入し、減速しなかった可能性もあると見て詳しい状況を調べています。                                                    出典:NHK NEWS WEB

なぜ事故が起きたのか

運転していた男性の前方不注意が原因かと思われます。

追突されて車はETCレーンを時速20km以下で走行していたことが確認されています。

この事故により、追突された車の後部座席に乗っていた箱崎富子さん(81)が病院搬送後に死亡しました。

ツイッター上の声

 

まとめ

またしても高齢ドライバーの方の事故が発生してしまいました。

今回の事故の原因に年齢が関係しているのかは不明ですが、少なくとも今後ますます高齢ドライバーに対する風当たりは強くなりそうです。