事件・事故

【動画】バージニア州で銃乱射事件発生 12人死亡 犯人は市の元職員|バージニアビーチ史上最悪な日

アメリカ バージニア州で銃の乱射事件が発生しました。

この事件により、少なくとも12人の死亡が確認されています。

アメリカ南部・バージニア州で銃の乱射事件があり、これまでに12人が死亡しました。

先月31日午後、バージニア州の庁舎の敷地内で、職員の男が拳銃を乱射しました。男はかけつけた警察官と銃撃戦になり射殺されましたが、これまでに市の職員ら12人が死亡、4人が負傷しました。

「警察が駆けつけるまではオフィスにとどまるようにと言われました。20人くらいが押し込められた状態で、バリケードを作ったんです」(市の職員)

容疑者の男は市の職員を長年勤めていて、地元メディアは「捜査当局が恨みによる犯行との見方を示している」と伝えています。地元の市長は「市の歴史でもっともつらい一日だ」と語り、閑静なリゾート地に衝撃が広がっています。(01日11:24)

出典:TBS NEWS

https://twitter.com/Norin_76/status/1134672604856369152

容疑者について

容疑者は、前日に解雇された市の職員であったことが判明しました。

解雇に対する逆恨みの犯行だったのでしょうか。

犯人は駆けつけた警察官によって射殺されています。

ツイッター上の反応

まとめ

犯人の詳細や犯行動機についてはまだ公開されていません。

犯行動機については、前日に職を解雇されていることから、逆恨みの可能性もあります。

あるいは宗教的なことが関わっているのかもしれません。

亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。