スポーツ

世界陸上確定!アンカー若林の走りがすごい!!世界リレー400m×4結果は4位

世界リレー400m×4男子リレーで日本は4位に入り、世界陸上出場を決定しました。

今回はアンカーを務めた若林康太選手をご紹介します。

何と若林さんはまだ大学生です!!

駿河台インタビュー

関東インカレ4×400mR優勝、日本ジュニア選手権400m 6位入賞、日本陸上競技選手権4×400mR3位入賞と1年生で誰もが認める活躍を残しました。「才能」と「謙虚」。若林選手と話すとその言葉が浮かびます。「自分より上の選手はまだまだ沢山いる」と決して自分に満足しない若林選手をご紹介します。
ルーキー特集(バナー若林).jpg
〇出身は?
新潟県です。
〇陸上を始めたきっかけは?
中学校に野球部か陸上部しかなく、坊主が嫌で陸上にしました。勉強も運動も真ん中で、中学で陸上を始めたら゛足が速い人”とみんなに言われ、それが嬉しくて続きました。中3の県大会の時、400m準決勝で惨敗でした。自己ベストより2秒遅く、全然納得できず初めて悔いが残る思いを経験しました。それで高校でも続けようと決めました。その惨敗がなければ中学で陸上をやめるつもりでした。
〇高校時代はどうでしたか?
高校ではやる気のある人とない人の差が大きい部活でした、親にお願いして陸上を続けたので、周りに勝つというよりも昨日の自分に勝つために、自分のやるべきことをきちんとやろうと心掛けていました。
〇なぜ駿河台大学へ?
高校3年でインターハイにも行けて、結果も自分なりに良かったので、その後陸上を続けるか迷いました。ただ、高校は陸上に全てを費やしていたので、将来も考えていませんでした。その時に邑木監督から声をかけてもらい、高校と違って色々な所から来ている選手と練習し、自分を磨けるんじゃないかと思いました。
2016122401.JPG
〇駿大陸上競技部に入部してどうですか?
純粋に陸上をやっていて、楽しいなと感じることができるチームです。監督は選手と距離が近く、言ってもらえるし、自分も言える雰囲気が好きです。邑木監督は選手が大勢いる中で、一人一人をしっかり見ています。調子が悪いのを隠して練習するとすぐ見抜かれますので。
〇高校と大学で違うと思った点は?
高校はみんなで行動ですが、大学は自分で考えて試合の日の流れとか組み立てる点です。最初は何をするべきか戸惑い、先輩に相談したりして慣れるまで大変でした。
〇目標とする選手は?
4年の相山 慶太郎さんです。予選、準決勝、決勝まで流れをまとめる力があります。自分は予選で行ききれず、準決勝で飛ばすと決勝で持たない状態ですが、相山さんは着順で駒をしっかり進めます。行き過ぎずいいペースで3本走るので尊敬しています。
〇自分の武器は?
武器…ないですね…。骨がすぐ疲労骨折するので、親が骨折保険に入ってるくらいです(笑)。
2014122402.JPG
〇課題は?
挙げたらきりがないです。怪我予防の管理や走りでもスピードをもっと必要だし、持久力も課題です。自分の走りは前半200mでどれだけ稼げるかなのですが、ジュニア選手権では予選と準決勝の疲労で決勝の後半力んでしまい、思うように力が出せませんでした。自分より上の人は沢山いるのでまだまだです。
〇かわいがってくれる先輩は?
寮に入っていますが、同じ寮の宇野先輩とか岸川先輩とかみんな良くしてくれます。寮生活は思っていたよりも楽しいです。
〇勝負飯は何ですか?
試合の前日は豚しゃぶです。ヘルシーでタンパク質もしっかり取れるからです。
〇大学1年生でここまで成果を出せたのは?
練習環境が自分に合っていたと思います。厳しい環境やメニューでは自分の力を出しきれずに潰れてしまいがちです。駿大陸上競技部はマイペースで自分で考えて陸上できる環境が良かったのかと思います。力のある先輩もたくさんいるので、一緒にいて自然と学べる点が多くあります。
〇4×400mリレーの好きなところは?
400mを始めたきっかけは、100mや200mではスピードで勝てないけど、400mなら自分より早い人でも後半で追い抜けるというのがあったからです。辛いのさえ我慢できれば、我慢強い人が勝つというか。自分はバトンパスが下手なので、4×100mRなんて…考えられません。
100mは今までの積み重ねのトップスピードと加速力が重要なので、試合当日どうにもならないですが、400mはスタートをミスしても、最後頑張れば勝てることがあります。ラストストレート入る所と最後20mはきついですが、そこさえ我慢できれば勝てるので。
〇来年の目標は?
今年は結果だけを見れば良いですが、走りで見るとレース展開の仕方が課題ばかりだったので、安定してタイムを出せてレースを組み立てられることが目標です。素直に今年の順位は嬉しいですが、まだまだ自分の走りに納得していないです。
〇新入生へメッセージをお願いします。
邑木監督は自分が求めればしっかり応えてくれます。先輩も陸上選手として尊敬できる人が多くいます。環境は良いので、あとは自分次第で結果は付いてきます。目標に近づけるよう一緒に上を目指しましょう。                  出典:駿台スポーツ

少し前のインタビューになりますが、非常に大人な受け答えをされていますね。

このインタビューを受けられた時はまだ大学1年生の頃でした。

決勝の走り

アンカーという責任の重い役目を見事に果たしてくれました。

4番目でバトンを受け取り、若干距離を感じながら、後ろからもベルギーが追走して来るプレッシャーを見事はねのけた走りを見せてくれましたね。

日本の走りが世界のレベルにいることを改めて証明してくれました!

400m×4リレーで世界を

400m×4リレーは別名マイルリレーとも言われ、日本人にとっては苦戦していた種目です。

元々、日本人は陸上は不利と言われる競技であり、人種の差が大きく現れる競技でした。

そしてこのマイルリレーは距離が長いために、スタートダッシュなどの技術よりも、基礎的な身体能力の差が大きく出る競技となっています。

こうした要因を考慮しると、今回の4位入賞というのは日本にとって大きな一歩です。

元からスタートの技術は世界でもトップレベルのものがありましたが、それに加え走りそのものがレベルアップしたことを意味します。

次の世界陸上、そしてオリンピックでも期待しましょう!!