事件・事故

愛知県矢作川(やはぎがわ)で女児2人が川に流され意識不明 先月も男性が死亡している危険な川で何が

2019年9月7日、愛知県豊田市にある「矢作川」で女の子2人が流される事故が発生しました。

女の子2人はドクターヘリで病院に運ばれましたが、意識不明の重体です。

愛知県豊田市の川で7日昼すぎ、女の子2人が流され、病院に運ばれましたが、いずれも意識不明の重体です。

7日午後0時半前、愛知県豊田市池島町の矢作川で、「川で人が溺れた」と、近所の人から消防に通報がありました。

消防が、川に流された小学生くらいとみられる女の子2人を救助し、ドクターヘリで病院に運びましたが、いずれも意識不明の重体だということです。

また、消防や警察によりますと、同じ場所で大人の男女合わせて2人も流されましたが、いずれも自力で岸に上がり、意識はあるということです。

警察は、当時の詳しい状況などについて調べています。現場は、矢作川の中流の「川の駅いけじま」に近い河川敷で、付近では、先月も男性が流され、死亡しています。

出典:NHK NEWS WEB

 

矢作川について

矢作川は、長野県、岐阜県、愛知県の3つの県を流れる河川となっています。

この川では先月も男性が流されて死亡しています。

矢作川は川辺でバーベキューや、釣り、泳ぎができることで地元の人には知られています。

また、川の流れが早いことでも知られており、危険な場所としても認識されていました。

女児2人の容体

川で流された女児2人は共に意識不明の重体であることが公表されています。

それ以外の情報については不明ですが、かなり厳しい状況と思われます。

事故に対する反応

https://twitter.com/80s_idols_love/status/1170251946386526208